サン・タンドレ

フルーツ02

まるでバターのような濃厚さを持つクリーミーなチーズ、サン・タンドレは癖がなく食べやすいと好評です。

元々は海外への輸出用として作られた種類で、白いカビに包まれた外側からナイフを入れるととろとろでクリーミーなチーズが飛び出してきます。

濃厚だけれども口当たりが良く、脂肪分も75パーセントとたっぷりのチーズはとても美味しいと評判となっています。

そのまま食べても美味しいサン・タンドレチーズですが、さまざまな食べ方があります。

バターのような形状をしているので、パンに塗って食べる人が多いでしょう。

トーストしたパンに塗ると濃厚さを存分に味わうことが可能です。

意外に果物とも合うチーズなので、リンゴ等の果物に添えてティータイムを楽しむことも可能です。

また、甘味が強いので、濃厚なテイストのワインよりもさっぱりとした甘味の強いフルーティーなワインと合わせるのもおすすめです。

さまざまな場面で活躍する、万能なチーズなのではないでしょうか。

日本ではまだ知名度が低いですが、輸入食品を販売しているお店等では購入が可能です。

コメントは受け付けていません。