ブリヤ・サヴァラン

トマト

白カビタイプのブリヤ・サヴァランチーズは、フランスで生まれました。

フランスの美食家であるブリヤ・サヴァランの名前にちなんで命名されたチーズであり、

他にもブリア・サバランやブリヤ・サバラン等さまざまな呼び名があります。

真っ白な形状をしたチーズで、中身はとても柔らかなペースト状となっています。

とても立地でまろやかな味わいで、ひそかにファンが多いチーズなのではないでしょうか。

ブリヤ・サヴァランは、牛乳に生クリームを加えて作ります。

保存期間は短く製造後3週間以内に食べる様にしましょう。

また、普通のブリヤ・サヴァランだけではなく表面に白カビをはやすタイプのチーズもあります。

風味は脂肪分が多く、まるでチーズケーキを食べている様な気分を感じるでしょう。

濃厚なミルクテイストは上品で、脂肪分が高いけれども酸味も十分なのでさっぱりとしています。

そのまま食べても十分美味しいチーズですが、熟成時期を見極めることで更に美味しく食べることが出来ます。

チーズは冷蔵庫等で保存をしていても少しずつ熟成していくので、注意をしましょう。

コメントは受け付けていません。